第二新卒で転職した際の思わぬ落とし穴3つ

私は、第二新卒として26歳の時に、転職活動を始めました。当時、大阪勤務でしたが、東京への転職を希望していたので、交通費、宿泊費など、とてもお金がかかりました。今、思えばとても無謀なことをしていましたが、なんとか無事、東京勤務の会社へ転職することが出来ました。「転職は慎重に」とよく言いますが、実際に転職してみてもっと慎重でなければいけなかったと思う部分が主に3つあります。

 

一つ目は、職務経歴書です。面接を行う前に、書類で落ちてしまっては、本当にもったいないです。まずは、書類審査を高い確率で通過できる完璧な職務経歴書を作ることをお勧めします。転職サイトなどで、無料の添削サービスがあるので、ぜひ利用してみるといいと思います。

 

二つ目は、金銭面です。転職活動には、意外とお金と時間がかかります。特に、私は大阪から東京へ転職したので、交通費はもちろん、引越し費用なども自己負担でした。しかし、企業によっては、内定時に引越し費用などの話をしてくれた企業もありました。そういった福利厚生や、営業であればインセンティブ制度など、年収以外の部分もしっかりと目をとめておく必要があると思います。

 

関連
第二新卒就職サイト
第二新卒の就職サイトは何をつかうべきか?

 

三つ目は、退職準備です。私は、退職準備に非常に戸惑いました。上長に退職の意思を伝えてからも、1ヶ月以上、引きとめにあいました。結局、当初予定をしていた転職先の入社日に間に合うことができませんでした。幸いにも、転職先の企業が入社を待ってくれたので良かったのですが、退社には意外と時間と労力がかかるので、それに要する時間も鑑みて転職活動をされることをお勧めします。