転職の面接では気を抜かず見られている意識を持つ

 人間の第一印象というのはどんな場面においても重要です。特に転職の面接に進んだ時は、面接担当者はもちろん、その会社の受付や事務、そこで働く他の人に対しても良い印象を残しておけるように身だしなみや行動には十分に注意が必要です。スーツは新品でも中のシャツがヨレヨレだったり、靴が汚れていたりでは清潔感がありません。転職の場合、リクルートスーツという凝り固まったスタイルではなく多少アレンジを取り入れても良いかもしれません。アパレルやデザイン会社のような企業に転職する場合は、堅苦しい雰囲気の印象を与えるよりも柔軟でオリジナリティのある方が好印象です。

 

 但しあくまでも転職する企業によって適した服装を身につけるようにしましょう。転職=社会経験があると判断されるわけですから、最低限の身だしなみだけは整えておくことが大切です。新卒なら許されるようなことも転職者にはマイナス評価になることもあるからです。面接担当者には良い印象を残せたと気を抜いてしまうのも禁物です。誰も見ていないだろうと会社内や近辺でだらしなく振舞ったり、大声で電話をするなどマナーの悪いと思われる行為は絶対に避けましょう。もしかしたら近くで重役が見ていることも考えられます。転職の面接では、すべての人に見られている=評価されているということを常に意識して行動するように心がけるべきです。